中国と日本の結婚式での違い

最近では中国人と日本人の夫婦が増えて来ているようなので、中国の結婚式について少しですが紹介します。

中国では伝統的な結婚式が多いようですが、都市部を中心に西洋式の結婚式も人気が出て来ていると聞きます。

西洋式であれば日本人でもそれほどびっくりするようなこともないでしょうが、風習による違いはなかなか避けられません。

参加者の服装ですがラフな格好で問題ありません。

日本では定番の黒いスーツに白いネクタイは中国ではお葬式の衣装という事で嫌われます。

日本ではご祝儀袋に「寿」と書きますが、中国ではこれもお葬式をイメージさせるということです。

中国のご祝儀袋にあたるものは「紅包」といい赤い封筒状のものです。

ちなみにお年玉もこの「紅包」を使います。

とにかく中国では赤がおめでたい色のようです。

乾杯と干杯の違いにも注意しましょう。

中国の乾杯は「干杯」で、飲み干すのが礼儀です。

また、お酒と一緒にタバコがついてきます。

最近ではタバコは吸えないと言えば問題がないようなケースもあるようですが、空気を読むことも必要かもしれません。

ほんの少しですが参考まで。

前の記事